やっかいな更年期太りは対処しないとヤバいです。更年期太り対策には濃厚熟成生酵素で野菜の栄養を!

「食べる量に気を付けて、前よりも食べないようにしているのにむしろ体重が増えてしまった。」

40代以降、かなりの方がそんな状態に陥ります。

そんなに食べてないのに…

それは「更年期に向かう体質の変化」によるものが大きいのですが、間違った対処をするとさらに太ります。

このページでは

やっかいな更年期太り対策にぴったりの濃厚熟成生酵素サプリをご紹介します。

美味しいものを食べても、そんなに気にしなくて大丈夫!

食べても大丈夫

 

更年期が近づくとそんなに食べなくても体重が増えてしまう原因

女性にとって、もっともやっかいなのが更年期太りです。

女性ホルモン(エストロゲン)は女性を特徴づける性ホルモンですが、肥満を抑える性質がかなり強いことでも知られています。

✅女性は中年期を迎え、更年期を迎える年齢に近づいていくと、肥満を抑制していた女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増えることで何をどうしなくても、太りやすくなっていきます。

さらに、

✅閉経して、生理が終われば、さらに老化で腸内環境が悪化しやすくなったりして、太っていきやすくなります。

その対処として

太ることに焦って、食べる量を減らしてもむしろ太りやすくなります。

食べる量が減り、確保できるカロリーや栄養が減ると、体が「飢餓状態」を恐れてエネルギーとなる栄養として「脂肪」をストックし、使いすぎないようにコントロールします。

単純に食べる量を減らすということは、摂取カロリーも減りますが、代謝や体の美容・健康を維持するために必要不可欠なビタミン、ミネラルをはじめとしたさまざまな栄養の摂取量も減らしてしまいます。

栄養の吸収力は下がります。それは腸の活動が弱まるため。

なぜなら、食べるもの「かさ」が減ると、便が固く小さくなるため、便を出そうとする腸の運動「蠕動運動」(ぜんどううんどう」では出にくくなり、腸の活動の悪化の原因となるからです。

これは腸内環境悪化の遠因となり、ますます腸の活動を弱めて、便が出にくくなるという悪循環に入ります。

出にくくなった便が腐敗して大腸菌が多くなると、腸の栄養吸収や代謝、便の排出などに悪影響となります。

さらに食べないとお腹が減って力が出ないので、運動するどころか、なるべく体力を使わないために動かない、という人も少なくないと思います。

ただでさえ食べなくすることで代謝が悪化している可能性があるのに、これでばますます代謝が悪化します。

食べる全体量を単純に少なくするという方向性は間違っています。

体が栄養をストックし、使わない方向に動くことで、かえって太りやすい体質を招くのです。

 

太りやすい更年期に対処するために外せない2つの要素

食べる量全体を減らすのはダイエットには逆効果。

気を付けたいのは「食べすぎ」と「3大栄養素の摂り過ぎ」。

3大栄養素とは「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」のことです。

3大栄養素はエネルギーとなったり、体を作ったりする栄養ですが、摂り過ぎは太ります。

栄養素でも、体の調子をととのえたり、代謝の媒介をする栄養、「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といったような栄養は、多く摂ることで代謝を促すため太りにくい方向に促します

栄養をスムーズに吸収して、使うことが、身体が栄養をストックしようとすることを抑え、太りにくくするのです。

痩せるためには、食べないようにすることではありません。

食べるのが問題ではなく、「食べた分を処理できる栄養を一緒に十分摂れているかどうか」が問題なのです。

2つの絶対条件を満たすこと。

更年期太りの克服に外せない要素はこの2つです!

① 体の調子、腸の健康をととのえたり、代謝の媒介をする栄養、「酵素」「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といった栄養を多くとる

カロリー消費を促し、基礎代謝量を増やせるように、身体を動かす

「酵素」「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といった栄養吸収、代謝を促す栄養をしっかり確保し、燃焼を促すよう体を動かせば、身体は錆びつかずにしっかりと栄養を使うことができます。

さらに、これらの豊富な栄養は、女性の更年期の様々な不調に、身体が対処するためにとても大切。

太りにくさを維持できるだけでなく、中年期以降の若さ、輝き、キレのある体調の維持にも大切なことです。

気を付けたいのは「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」の多いケーキや菓子パンといったお菓子類、肉や白身魚など、おいしいものの食べ過ぎですが、これらの問題は自身の消化を助ける「酵素」がほとんど含まれないこと。

さらに代謝をサポートする栄養の中でも特に「酵素」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」などの栄養あまりというかほとんどありません。

しかし、これらを食べても、別途「酵素」「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といった栄養を摂れればこれらを消化し、スムーズに栄養として使うことができます。

これらが体脂肪化し、溜め込まれることを防ぐことができるのです。

もっとも理想的なのは、

✔「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」が多く、酵素や栄養が少ない食べ物を減らす

栄養が少ない食品

✔「酵素」「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「食物繊維」など栄養が多く、「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」のほとんどない野菜や、海藻、フルーツなどを摂取を増やす

栄養が多い食品

ことを同時にすることですが。

「酵素」「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といった栄養がたくさん確保できていればセーフ。

でも、今どきは肉や魚より野菜や果物のほうが高価です。

3大栄養素ばかりが多くて、カロリーの高い食品は安くておいしいので、そちらを購入してしまいがち…

カロリーの多い3大栄養素の摂取を増やさずに、「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といった栄養だけを多く食事から摂るのは難しいです。

そこで、お勧めしたいのがこれら「酵素」「ビタミン」「ミネラル」「補酵素」「抗酸化成分」「乳酸菌」といった栄養が「天然な状態」で「ほぼ全部必要な量が摂れる」濃厚な生酵素サプリを摂取することです。

1日あたりのコストはせいぜい百数十円です。

尚、更年期太りは女性ホルモンが減るのが原因なのだから、エクオールサプリをはじめたら?と思われるかもしれません。

しかしながら、ホルモンバランスにあまり人工的影響を与えるのは良くありません。

女性ホルモンが少なくなるのはどのみち避けられないのですから、女性ホルモンを何とかしようとこだわるのは健康、安全のためにもやめましょう。

ホルモンバランスに悪影響を与えない、自然の栄養で体の調子を整えることをおすすめします。

 

更年期以降は酵素ドリンクや酵素サプリを摂らないとまずい理由

更年期に入る年齢になると、ホルモンバランスが崩れ、様々な不調とともに、太りやすくなることは説明しましたが、老化の症状が徐々に出てくるのが厄介です。

腸内環境が急に傾きやすくなります。

それも太ることに拍車をかけるわけですが、女性ホルモンが少なくなるのは自然な流れなので仕方ないにしろ、腸内環境が悪化するのは対処しなくてはなりません。

更年期以後、腸内環境は一気に「悪玉菌」(ダイエット界では「デブ菌」ともいわれますが。)が増えていきます。

※中高年になると、善玉菌と悪玉菌の割合が大きく逆転。
画像は「そのもの株式会社」様より引用させていただきました。(https://sonomono.jp/body/tyounai_200225/)

そもそも、ヒトの腸内環境を構成する菌は

✅善玉菌(主にビフィズス菌、乳酸菌) 健康維持・老化防止

✅悪玉菌(主にウェルシュ菌、ブドウ球菌、有毒株の大腸菌) 健康阻害・免疫低下・老化促進

✅日和見菌(主にバイロイデス、無毒株の大腸菌、連鎖球菌) どちらか優勢なほうにつく

の3種類に分かれており、その理想的なバランスは 善玉菌 2 :悪玉菌 1 :日和見菌 7 と言われています。

腸内では善玉菌、悪玉菌は常に争っており、優勢なほうに日和見菌がついています。

そのため、善玉菌が優勢になれば、日和見菌は悪さをしませんが、悪玉菌が優勢になれば、悪玉菌と一緒に悪さをするのです。

老化、生活環境の乱れ、ストレス、運動不足といった腸内の善玉菌が弱まるようなことになると、それこそ一気に体調が傾いたり、老化が急に進むのは日和見菌がごっそりと悪玉菌の味方につくからなのです。

そこで、何もしなければ、簡単に腸内環境の悪化に傾いてしまう更年期以降は、「体の調子を整える」働きかけをする栄養、消化酵素をサポートする酵素原液を外部から摂って

糖やたんぱく質をスムーズに活用したり(植物性ミネラル、ビタミン。代謝に必要な代謝酵素・補酵素を合成するのに必要)

腸内の環境を維持したり(植物性乳酸菌など、有用菌。植物性乳酸菌は胃酸に強く、多くが活性を持って腸まで届く)

代謝酵素を作り出す能力を維持しようとする(蔵付き酵母菌、麹菌により培養された植物酵素は6種類の強力酵素で、消化酵素をサポートすることで体が代謝酵素を作りだすことを間接的にサポートする)

ということが非常に有用となるのです。

「体の調子を整える」栄養とは、上に細かく上げたように体の衰えたエネルギー処理や修復処理を行う代謝能力をサポートする栄養のこと。

酵素ドリンクや酵素サプリは植物原料由来の代謝力をサポートする性質の栄養が凝縮されたものであり、更年期に向かう体の若さや体型を維持する力を栄養面から支援するのに、これ以上ないものということがわかるでしょう。

40代後半以降は、善玉菌を意識して生活したり、腸内環境を維持し、しっかりビタミン・ミネラルなど代謝に必要な栄養を特別に確保できる何かをやらないとかなりまずいんです…

でも、食事で美容を維持するだけのビタミン、ミネラル、有用菌、酵素などを確保するのは困難ですし、面倒で、考えるだけ骨が折れ大きな負担になります。

「何かしら」効率的にしかもバランスよく、これら善玉菌をサポートできるものを確保できるものを摂り入れるほうが手っ取り早いです。

「何かしら」摂り入れなくては、体型を維持していくのはちょっと難しいです。

この「何かしら」にぴったり、太りにくさ、若さ、輝き、の維持に必要な栄養が過不足なく詰まっているのが酵素原液なのです。

 

1つ1つの素材が多く、代謝のための栄養価が高い熟成生酵素カプセル「まるっと超熟生酵素」がおすすめ

ダイエットしたい方をはじめ、様々な体調改善を求める方に選ばれる、定番の人気美容食品が「酵素ドリンク」や「酵素サプリ」です。

ですが、中には酵素原液はわき役で、乳酸菌やこうじ菌などを添加したり、美容成分を添加したり、食物繊維を添加したり…と色々添加され、使われている素材は多いけど濃度的に疑問な製品も多いです。

安全性・品質・実際の濃度を考えると、

なるべく余分なものを添加していない、体に合いやすいオーガニックな酵素原液を摂りたい

✔1つ1つの成分が量的にしっかり確保できているものを摂りたい

ですよね。

そこで、お勧めしたいのが、超濃縮した濃厚酵素原液を、酵素を壊さないよう慎重に加工、酵素を大量に持ったままソフトカプセルに封印した「熟成生酵素」サプリです。

このサプリは上記の条件にピタリと当てはまります。

 

まるっと超熟生酵素」は一般のフルーツよりもビタミンやミネラル、抗酸化成分などが極度に豊富な「スーパーフード」と呼ばれる10種の特殊なフルーツをを含む120種類の厳選素材を、3年以上発酵熟成。

超濃縮した生酵素原液を酵素を壊さない特殊製法でペースト状態のままソフトカプセルに詰め込んでいます

添加物なし。自然原料とカプセル素材原料のみのナチュラル仕様。

「まるっと超熟生酵素」は酵素ドリンクのようには高温加熱していないので、酵素たっぷり。濃厚ペースト状の生酵素原液が活性をもったまま腸に到達します。

植物の酵素や植物性乳酸菌などの有用菌は胃酸には強いです。

ただ、酵素は熱に弱いのが問題で、清涼飲料水としての加熱処理の義務があるドリンクタイプの酵素は一度大きく酵素が失われてしまいます。

また、粉末の状態でカプセルに入れてあるものは、やはり高温加熱が施されているので、酵素がきちんと存在しているか疑問のあるところ。

さらに、濃厚ペースト状の酵素原液はドリンクタイプの酵素液や粉末タイプの酵素サプリよりも胃腸に長めに留まりやすいため

✔善玉菌の繁殖に最適な弱酸性の腸内環境を作り出すのに貢献

✔たくさんの栄養が吸収されやすく、栄養吸収の損失が少ない

という大きなメリットがあります。

栄養価が高く、栄養の吸収量が桁違い。これがペースト状の生酵素の特徴。ペースト状の生酵素であることは大きなアドバンテージです。

「まるっと超熟生酵素」の公式特設サイトでは、30日分、60粒入りのフルパッケージが、初回税込500円。もちろん定期縛りなし!お得なお試しです。

楽天やAmazonなどのショッピングモールでの購入は割高です。

また、「まるっと超熟生酵素」は市販での流通はありません。

酵素サプリはドラッグストアや薬局にもいくつかありますが、お試しできないうえに、安いものは濃度や添加物など難があります。

公式サイトからの特別価格の注文は、送料無料な上、ポスト投函で直接の受取不要。お店で購入するよりも(お店では売ってないですが)むしろ便利です。

①栄養吸収と代謝のための栄養をしっかりと摂って、②動くことを意識して、更年期の太りやすい問題にできる限り自然に対処していきましょう。