「歯の消しゴム」は安全安心なの?おすすめの歯の消しゴムは

ブレッシュホワイトニング白い歯1

「歯の消しゴム」が流行していますね。

歯の表面の黄ばみやヤニが意外ときれいに落ちます。

「ホワイトニングと銘打った歯磨き粉で歯を磨いたけども、どうしても黄ばみがつく。歯の消しゴムを使うときれいになると聞いた。実際どうなの?」と思われている方。

たしかに、市販のホワイトニング歯磨きより、見た目きれいになります。

ただ~1000円~2000円くらいの安いものは歯の表面を削ることで着色を落とします。

これなんか典型的。

デンタルイレーサー

歯の消しゴム デンタルイレーサーW

「新研磨剤で傷つけない」とありますが、研磨しているんですよね…?という

歯の消しゴムは安いほど、成分が粗悪になっていきます。

安いほどに汚れは歯の表面を削って落とすのが顕著に。歯の表面に傷がついてしまいざらざらな表面になってしまいます。

ざらざらな表面のまま放置してしまうと、着色しやすい状態になってしまいます。

少し時間をおいて、コーヒーやお茶など飲んだり、食事をしたりすると、歯に前よりも濃く着色が…

まさしく「ドツボ」にはまってしまいます。

そもそも着色汚れの原因は

歯を磨いてもなかなか取れない着色汚れは、主に長年使ってきた歯磨き剤で、歯の表面を傷だらけにすることに大きな原因があります。

安い日用品の歯磨き粉には、必ずと言っていいほど研磨剤が入っています。

歯を削って、きれいに見せかけているということです。ヤバいですね。

もちろん、「ホワイトニング」と商品名にあるものはホワイトニング成分は入りますが価格なりに微量。あまり意味をなさない程度です。

そもそも、着色汚れは歯を必要以上に傷つけるから起こるもの。

歯を傷つけると、歯の傷を修復するため、「ぺクリル」というたんぱく質でできた物質が分泌されます。

ぺクリルと食べ物や飲み物の色成分「ポリフェノール」が結合(化学反応)すると、歯に強力に粘着して取れなくなってしまいます。

色素

これが着色汚れ(ステイン)の正体。

ホワイトニングの本当の効果を求めるなら、歯を傷つけないものを選ばないといけません。

安全に効果的に歯を白く 注目成分「ポリリン酸」

歯を傷つけず、また傷めずに安全に着色汚れ(ステイン)を分解除去し、再度歯に着色汚れがつかないようにする。

これにぴったりはまって、今注目を集めているのが

ポリリン酸ホワイトニング

です。

美容院やエステサロンでひそかに流行っています。痛みがなく、低価格なので人気となっています。

このホワイトニングに使われているのは「ポリリン酸」。(短鎖ポリリン酸EX®)

ポリリン酸は色素分解酵素で、薬剤ではなく、よって美容院やエステサロンでも使えるものです。

✅歯の表層の色素をしっかり分解する。
✅痛みがない。

ということで、安全且つ、お手軽です。

もちろん、欠点はあります。

①ポリリン酸ホワイトニングは歯の中まで染みていかないので、歯科のホワイトニングと比べて、ホワイトニング効果は低め。
②ポリリン酸は再着色を抑える効果が高いが、効果はずっと続くわけではない。数時間後には効果が落ち始める。

ということ。

でも、ポリリン酸はとても安全なもの。だからこそ美容院やエステサロンでも使えます。

それこそ毎日自宅でなんからの形で摂り入れられば、毎日美容院やエステサロンでホワイトニングをしているのと同じことになります。

この「ポリリン酸」のみを使って、安全に歯を白くしてくれる「歯の消しゴム」でおすすめなのが「キューブホワイト」。

歯の消しゴム

歯の消しゴム キューブホワイト(cube white) 20袋入

ホワイトニングに、ポリリン酸のみの使用に加えて、さらに歯を傷つけないよう、「メラニンフォーム」という歯に合わせた特殊なスポンジを使っています。

とことん歯を傷つけず、白くしようとする姿勢。

これはかなり評判。

物がいいので、税込3,780円は仕方ないかなというころ。

ただし、デメリットもあります。

それは

①歯の根元や裏、歯間などに届かせるのが難しい。
②歯周病や口臭予防のための成分が入らない(いちおう歯周病、口臭とは記載してあるけども…)
③歯磨きを別でしなくてはならない。

ということです。

基本的には、歯の消しゴムは歯の表面の着色汚れを取るだけ。歯磨きは別にしないといけません。歯の裏の汚れや歯間の汚れを取るのはスポンジでは難しいからですね。

ポリリン酸の歯の消しゴムは、歯磨きで取れない汚れを取り、汚れがつかないようコーティングするものです。

なのに、そもそも研磨剤入りの市販の歯磨きなんかそのまま使っていたら、歯の消しゴムを使う意味は半減…

それなら、「歯を傷つけず」「ポリリン酸がしっかりと機能してくれて」「安全で」「そんなに高くない」歯磨き剤があったら歯の消しゴムを使わずに済むようになるのでは?

あ、あります。

今人気のポリリン酸歯磨き「ブレッシュホワイトニング」です。

ブレッシュホワイトニングLP3

発売1年で40万本超販売。

早見優さんやつるの剛士さんなど、好感度の高いタレントが広告塔になっていてヒット中です。

「ブレッシュホワイトニング」の成分と特徴

「ブレッシュホワイトニング」は

✅歯面の傷に入り込んだ汚れや着色を分解し、歯をコーティングする「ポリリン酸ナトリウム」(ポリリン酸ホワイトニングで使用される短鎖EXポリリン酸®)
✅口内環境を整え、歯肉炎・歯周病や虫歯、口臭を予防する「グリチルリチン酸ジカリウム」

✅研磨剤が使われてない
✅発泡剤が使われていない。毎日ある程度長めの時間、丁寧にブラッシングするのに適したテクスチャー

✅ステイン(着色汚れ)を除去でき、新たなステインがつかないように歯の表面をツルツルにコーティングする成分を確保
✅天然成分のみ使用で安全安心 家族で使える

安全な天然成分だけで、安心、低刺激。

ホワイトニングのみならず、口内の健康を保つ、真に適した歯磨きジェルです。

ポリリン酸の量がしっかり確保されていて、使うほどにステインやヤニを寄せ付けず、自然な白へ近づきます。

ブレッシュホワイトニング2画像

もしこれで白さが不満なら、はじめてポリリン酸の歯の消しゴムを使うのはあり。

歯磨きのポリリン酸と歯の消しゴムのポリリン酸の相乗作用で、白さが倍速で進行していきます。

「ブレッシュホワイトニング」の公式サイトのお得な購入条件

公式サイトの特別割引ページには返品保証付きの初回割引プランがあります。

これは必ず活用したほうがよいですね。Amazonや楽天での購入はほとんど割引なく、勿体ないですから。

★初回62%OFF:1,628円(税込)
★送料無料
★90日間全額返金保証
★定期便継続回数約束なし(商品に不満があれば止められますし、申請すればお金も戻ります)

成分や口コミ、決済条件などの詳細は公式サイトをご覧ください。

公式サイトにはさらに特典があります。

 

他おすすめホワイトニング歯磨き

パールホワイトプロEXプラス(医薬部外品)

ホワイトニングプロ シリーズ300万本を突破(2021年2月まで)している、実力派のホームデンタルホワイトニングジェル。
3大ホワイトニング成分「メタリン酸ナトリウム」「ポリリン酸ナトリウム」「DL-リンゴ酸」配合。(洗浄・ホワイトニング)
殺菌にはIPMP(イソプロピルメチルフェノール)。歯茎の隙間までしっかり入り込んで殺菌。
研磨剤・発泡剤・安定剤・界面活性剤・酸化チタン・合成着色料がフリー。
刺激となるものは一切入らず、ほぼ天然成分でしっかり安全にホワイトニング。
1つ1つの成分が濃く、実感が得られやすいと評判!

★ 1本30g
★ 初回;77%OFF/2回目以降:31%OFF ※ 続けるごとに安く
★ 120日間全額返金保証(条件あり)
★ 初回送料無料
★特典:専用歯ブラシ1本(毎月)/チューブホワイトニング歯磨き粉1本(初回)