育毛・頭皮ケアに革命的シャンプー!メンズ炭酸シャンプー「シンフォート スパークリングスカルプシャンプー」

「泡立て不要」「頭皮クレンジングケア」「ヘッドスパで頭皮血行促進」と頭皮ケアに革命をもたらしたのが「炭酸シャンプー」。

これらの要素は育毛に多大に期待できるものですが、とりわけ炭酸泡が高密度で、さらにメンズ育毛剤に入る成分を充実させたことで人気となっているメンズ用炭酸スカルプシャンプーが「シンフォート」です。

業界トップレベル、炭酸濃度8000ppmの超濃密炭酸泡(細かいミクロの炭酸泡)が、今までのメンズスカルプケアシャンプーでは取り切れなかった皮脂汚れをゴッソリ取り除き、頭皮の「真の正常化」を促してくれます。

売れすぎて、今でも時々予約制販売になってしまうほどの超品質。

この7月にもやはり予約販売の期間が出てしまいました…

 

>>「シンフォート スパークリングスカルプシャンプー」の販売状況は公式サイトで詳細ご確認ください。

 

育毛ケアのカギを握るのは、実は育毛剤よりもスカルプケアシャンプーのほうです。

育毛剤はスカルプケアシャンプーがしっかり役目を果たして、はじめて力を発揮するものです。

育毛ケアのためにシャンプーを見直そうとされている方は賢明です。

ここからは、育毛ケアのために、育毛ケア専用の炭酸スカルプケアシャンプーを取り入れる意義を解説していきます。

 

育毛剤のAGA抑制成分は毛乳頭まで届いていないかもしれない!

「育毛剤を使っているのにちっとも効かない…」

「なかなか効果の出る育毛剤に行き当たらず、何度も育毛剤を変えている。」

「結構高価で成分の良い、評判のよい育毛剤を使っても抜け毛が収まる気配がない。むしろ進行したかも…ひょっとして育毛剤って全部嘘なの??」

この場合、育毛剤の品質が悪い、という原因の場合もあるとは思いますが、それ以前に、育毛剤のAGA抑制成分がきちんと毛乳頭まで届いていないかもしれません。

もし、AGA抑制成分がきちんと入ったことを広告で謳っている育毛剤を使っていて、どんどん抜け毛が進むのは、育毛剤が悪いというより、AGA抑制成分が届いていない可能性が高いです。

AGA抑制成分が入るような育毛剤の場合、

✅高価

✅刺激物無添加

✅多成分で、育毛剤のベースとなる精製水やひとつひとつの成分の品質が良い

✅長期間販売されていて、レビューの高評価が少なくない

と、これら4つの条件が揃ってて、品質も悪くなく、比較的誰にでも合うもの。

だからこそ、厚生労働省により、医薬部外品に指定されているのです。

育毛剤がしっかり仕事をするかどうかは、育毛剤を塗布する前に、毛穴がきれいでなくてはなりません。

最近は、成分が「ナノ化」している育毛剤が多く、頭皮を柔らかくし、血行促進するための成分は頭皮の細胞間脂質に浸透していきます。

しかしながら、毛乳頭に到達する必要がある肝心の5αリダクターゼ還元酵素やDHTを抑制する成分は、粘つく皮脂汚れを通り抜けて毛穴には浸透して行けないのです!

この場合、育毛剤がいい悪い、というよりも、「余分な皮脂汚れをしっかり落とし、毛穴をきれいな状態に保つ」というシャンプーの役割がしっかり果たせていないことがまず疑われます。

 

シャンプーがAGAの進行を止められない最大の原因になり得る

育毛に関心がある方は、頭皮に問題を抱えて、頭皮と髪の毛根部分がデリケートになっている状態ですよね。

頭皮がデリケートな状態になっているのに、量販店で売っているような、安価な、洗浄成分が強くて、パラベンや着色料など、添加物がたくさん入っているようなシャンプーを使っているのは論外です。

しかしながら、かなり高価で、洗浄成分が優しい、添加物にも気を使っている、頭皮のことを考えたスカルプシャンプーを使っている場合は一見、シャンプーは問題ないように思えます。

そう、その場合、シャンプーには大きな問題はありません。

問題は「洗い方」や「清涼感」にあります。

そもそも、洗浄力が優しいスカルプケアシャンプーをうまく使うのは難易度が高いのです。

洗浄力が優しいため、アブラ汚れが残ってしまっている感じがして、つい何度も洗い直してしまう

アブラ汚れが残ってしまっている感じがして何度も洗えば、頭皮の表面を洗いすぎて、頭皮表面の環境を保つ必要なサラサラ皮脂や常在菌を洗い流してしまうため、皮脂不足を過剰に判断。

このようなことになると、DHTの影響はなくとも皮脂の過剰分泌を招くことになり、毛穴を詰まらせる皮脂汚れを生じさせやすい。

さらに泡立ちが細かく、濃密でない場合、洗い込んだ割には毛穴の皮脂汚れがいくらか残ってしまうことが多いのです。

アミノ酸系のスカルプケアシャンプーは泡立ちが基本、良くないのが弱点。汚れが残れば炎症による抜け毛を招きやすくなります。

そこで何度も洗い込めば

✅DHTの影響はなくとも皮脂の過剰分泌を招き、髪がギトギト。頭皮に角栓、ニキビができる可能性が。

✅頭皮をこすりすぎて、頭皮を痛めて毛穴がつぶれ、髪が生えにくくしまうことも。

という問題まで誘発しやすいのです。

また、メンズシャンプーには高くても、安くても、スッキリ感を求めるメントールなどの「清涼成分」が入っているものが多いです。

男性の場合、女性に比べると皮脂が多くなりがちなので、スッキリ感を感じられるシャンプーが求められるのですが、清涼感は中途半端な洗髪に繋がりやすいです。

きちんと毛穴の汚れが取れてないのにも関わらず、すっきりしたから汚れが取れているだろう、と勘違いしやすいのです。

身に覚えはないでしょうか?

頭皮を傷めずに、必要な皮脂、常在菌をきちんと残して、しっかり皮脂汚れを取るには、「1回の洗髪」を頭皮の「揉みこみ洗い」と「毛穴パック」で丁寧にしなければなりません。

しかしながらなかなかこれってできてないんですよね。

シャンプーで洗う時間の理想の目安は女性で

髪の水洗い‥1.5~2分 シャンプー‥2分 すすぎ‥2.5~6分

などとされています。

✅皮脂汚れが多い、AGAの気がある男性の場合は、シャンプーをもう少し丁寧にしたいです。

✅アミノ酸系の高いけども、泡立ちがやや弱いシャンプーは、きちんとシャンプーを泡立てネットなどで泡立てて使うようにしたいです。


✅毛穴パックして、洗浄成分を毛穴に浸透させることで皮脂汚れを浮かせ、流しやすくする状態にしたいです。毛穴パックの時間は3分くらいは取りたいです。

✅指の腹で頭皮を揉みこんで毛穴のアブラ汚れを絞り出すのも、シャンプー後につける育毛剤の栄養を頭皮に行きわたらせるためにも、マッサージを兼ねて3分~5分くらいはかけたいです。

そこまで丁寧にシャンプー、やれてますか?

そこまでできているんなら、育毛剤のAGA抑制成分はきちんと毛根に入っていき、毛乳頭に働きかけられるはずです。

また、1回のシャンプーですっきりと洗い上がるはずです。

でも、毎日ここまでできている、という人はあまりいらっしゃらないかと思います。

やはり、上に上げたようにシャンプーの清涼感に騙されやすい、という問題などもありますから。

しかしながらシャンプーの問題をしっかりとクリアしていないと、育毛剤の本領がいつまでたっても感じられず、薄毛、ハゲの進行をなすすべなく許すことになってしまいます…

スカルプケアシャンプーはここまで高度なことをユーザーに求めてしまっているのです。

このシャンプーの難易度の高さが、AGA進行を許してしまう大きな要因のひとつです。

 

スカルプシャンプーの問題点に切り込む画期的なシャンプー「炭酸シャンプー」

ここまで見てきた、スカルプケアシャンプーにありがちな「洗い込みすぎ」「毛穴の皮脂汚れが残ってしまう」問題を解決する画期的なシャンプーが、「炭酸シャンプー」です。

炭酸シャンプーは、

①炭酸ガスと炭酸泡が毛穴に入り込む

②炭酸ガスが皮脂汚れを浮き上がらせれる

③高密度の細かい泡が皮脂汚れに吸着して除去

「頭皮をこすらず、毛穴を痛めることなく皮脂汚れをきちんと除去することができる」ことが最大のメリットです。

高度なことをシャンプーが要求しないのです。

要求せずにきちんとシャンプーとしての、「皮脂汚れをしっかり除去する」仕事をしてくれます。

また、炭酸ガスは皮膚から血管に吸収されるため、「血管を拡張させて血行を促進する効果」も持ち、育毛剤以上の血行促進作用をあたえます。

頭皮の揉み込みマッサージせずとも、頭皮の血行を高めるわけです。

炭酸シャンプーは昨今人気で、多くの種類がリリースされています。

ただし、炭酸泡の密度が薄いと、やはり効果は薄いです。普通のスカルプシャンプーと大差ありません。

炭酸泡の密度がなるべく高いものを選ぶ必要があります。

そこで、男性の育毛ケアのために、炭酸泡の密度を最大限に高め、さらに育毛剤を彷彿とさせる保湿、殺菌、炎症抑制のための成分を充実させた『シンフォート スパークリングスカルプシャンプー』がおすすめなんです。

 

「シンフォート スパークリングスカルプシャンプー」の注目のスペック

SIMFORTのまずは注目すべき点としては、

炭酸濃度8000ppmの超濃密炭酸泡(細かいミクロの炭酸泡)。業界トップレベルの炭酸密度。

そのあたりのなんちゃって炭酸とは違います。

超濃密、超ミクロな炭酸泡は皮脂汚れを浮き上がらせ、吸盤のように吸着して、毛穴に負担をかけることなく、強力に除去します。


いままで頭皮をこすってもなかなか取りきれなかった皮脂汚れは、こすらずともきれいに。

残った毛穴に保湿成分、抗炎症成分が入り、適度な潤いを与え、これまでの皮脂汚れにより炎症を起こしていた毛穴をケアしてくれます。

また、シンフォートの炭酸は超濃密で濃いので、他のスカルプシャンプーや市販の安い炭酸シャンプーと比べて、圧倒的な血行促進力をもたらします。


頭皮の血行促進により、シャンプーの後に投与する育毛剤の栄養を行きわたりやすくするコンディションが整います。

✅7つの有用成分配合(白桐炭、早摘み伊予レモンエキス、センブリエキス、ボタンエキス、米ぬかエキス、アルゲエキス、オウゴン根エキス)

育毛剤並みの成分が入り、過剰な皮脂の分泌を抑えるとともに、毛穴と頭皮の炎症をケア。

さらに、デリケートな抜け毛に悩む男性の頭皮にできる限り負担をかけないよう、

✅ノンシリコン/石油系界面活性剤不使用(アミノ酸系の洗浄成分のみ使用)/パラベン(防腐剤)不使用/合成香料不使用/着色料不使用

となっています。

以上のことを簡単に言えば、

毛穴、頭皮、髪を傷めず、刺激せずに、これまで以上にしっかりと毛穴の皮脂汚れを取り去る工夫を凝らして

おり、さらに

「血行促進ケア」「皮脂汚れによる炎症ケア」「皮脂の過剰分泌に対応」

してくれるということです。

ここまでのスペックを持つスカルプシャンプーはなかなか見つからないでしょう。

尚、「SIMFORT スパークリングスカルプシャンプー」はAmazonや楽天にもありますが、公式サイトで購入したほうが断然お得です。

公式サイトでの購入条件ですが…

✅初めての方のみ
初回お試し価格 1,800円(税別)送料無料
無期限返金保証付き!(1本分)
定期縛りなし(2回目以降は2ヵ月分2本で10,701円。継続の縛りはありません。)

とかなりのサービスっぷりです。

1,800円で20日間はじっくりお試しできます。(休止する場合、次回出荷の10日前までに連絡する必要があるから。)

楽天やAmazonでの購入はこの超お得な「定期縛りなしの初回1,800円」というサービス価格はありません。

たとえば楽天での最安値は5,980円です。2回目以降の定期便よりも高いです。

安く試すためには必ず公式サイトから申し込みすることをお勧めします。

 

 

「シンフォート スパークリングスカルプシャンプー」だけで育毛はOK?

ここまでお読みになって、「シンフォート スパークリングシャンプー」だけ使っていれば育毛できるとお思いかもしれませんね。

でもそれは、抜け毛や頭皮のギトギトなど、髪や頭皮の悩みがAGA(男性型脱毛症)でないか、AGAによるものかで決まります。

もし、抜け毛や頭皮ギトギトなどの原因が、今までのシャンプーが合わない、もしくはうまく使えてないというだけだった。それをシンフォートに変えたら状態が改善した。という場合。

シンフォートのほかに育毛対策をする必要はありません。

しかしながら、明らかに抜け毛が尋常ではなく、シャンプーのせいとは思えない。

身内、特に母方の祖父や兄弟が薄毛、ハゲているなどという場合。

それはAGAである可能性が高いです。

男性の抜け毛、薄毛で悩んでいる人は9割がAGAであると言われます。自分もAGAの可能性が高いな、と思われているかたがほとんどではないでしょうか。

AGAの場合、「シンフォート スパークリングシャンプー」だけでなく、AGA対策用の育毛剤も併用したほうが良いです。

AGA対策用の育毛剤でないと、AGAの原因である5αリダクターゼ酵素が存在する毛乳頭に長時間の働きかけることができないからです。

たしかに「シンフォート スパークリングシャンプー」は濃密炭酸のため、一般的にスカルプシャンプーにあり得ないような血行促進性を持ちます。

しかしながら、あくまで「シンフォート スパークリングシャンプー」はシャンプーですから、汚れとともに炎症ケア成分やAGA抑制の性質を持つ成分はすすがれますので、十分残りません。適切なうるおいは残りますが。

炭酸スパをしてもせいぜい毛乳頭に働きかけられる時間は15~20分というところ。

育毛シャンプーの本来の役割は育毛剤がしっかり毛乳頭まで届き、働きかける下準備をすることなのです。

AGA(男性型脱毛症)はDHTを生み出す5αリダクターゼ(還元酵素)、脱毛指令を出すDHTの活性が原因であり、良い育毛剤にはこれらに対抗するための成分を入れています。

それらの成分は毛乳頭に数時間程度働きかけます。

シンフォート炭酸シャンプーも、本来は皮脂汚れをしっかり落とし、育毛剤がしっかり浸透するように、頭皮の血行を良くすることが目的のもの。

いくら炭酸シャンプーが頭皮の血行を促進し、ある程度、DHTの活性を抑える成分が入っているといっても、AGA対策用育毛剤と同等の役割を期待するのは荷が重いです。

 

「シンフォート」と併用するAGA対策用育毛剤はシリーズにこだわる必要はない

DHTの活性を抑える役割は、シンフォートシリーズの育毛剤としては「LUEHA(ルエハ)」(医薬部外品)が担います。

初回購入条件はシャンプーと同じく低価格で購入しやすいです。

脱毛抑制成分としてはジフェンヒドラミンを主としています。

薬用育毛剤によく使われるビワ葉エキス、海藻エキス-1、ヒオウギ抽出液なども入ります。これらの成分は他の育毛剤では脱毛抑制成分として紹介されていることがあります。

一般的には保湿成分です。

しかしながら、すでに手持ちの育毛剤があるという場合は、「LUEHA(ルエハ)」の購入を検討する前に、その成分をよくご覧になり、「LUEHA(ルエハ)」に負けず劣らずの内容であればそれを継続されたら良いと思います。

育毛剤が働ける環境をしっかり整える炭酸シャンプーを併用するからには、もしいままで育毛剤の実感がいまいちだったと感じていたとしても、大きく変わる期待ができます。

 

>>「LUEHA(ルエハ)」の詳細をご覧になりたい方は「LUEHA(ルエハ)公式サイト」に移動ください。