何、このスッキリ感!?腸を心地よく刺激!便秘ぎみの女性に特にお試ししてほしい。「キダチアロエ」100%原液

★便秘気味で、乳酸菌サプリ、酵素ドリンクなどを試してみたけどもいまいち便秘解消にはつながってない。
★便秘茶はあまり続けないほうが良いと聞いた。
★便秘がひどいときは下剤を使っているけど、クセになると聞いたのでなるべく使いたくない。

このようなことに当てはまる方、こつんと腸をやさしく刺激してくれる、「医者いらず」とも言われて昔からお通じに親しまれてきた「キダチアロエ」は試されたことはあるでしょうか?

今回は、腸を心地よく、やさしく刺激してくれて、美容成分たっぷり。オーガニックなキダチアロエ液「完熟アロエまるごと純しぼり」をご紹介します。

 

便をすっきりさせたい。その前に、便になる食事はしっかりと摂れていますか?

まず、キダチアロエを説明する前に、特に成人女性の便秘について少し説明します。
現代では、下のグラフにあるように、20代に入るとおよそ4割近くもの女性が便の出が悪いという自覚があるそうです。

nhkサイト健康関連記事より
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_986.html

元は厚生労働省 平成28年 国民生活基礎調査の概況 「Ⅲ 世帯員の健康状況」10表の「便秘」項目をグラフ化したもの
便意には男女差が大きく、グラフから、女性は20代から便意を感じにくいという自覚が多いことが確認できます。

女性は男性に比べると

・大腸を動かすぜん動運動をゆっくりにしてしまう女性ホルモンが多い
・食事量が少ない
・腹筋が弱い
・生理などで体調の変化が大きいうえ、ストレスを持ちやすい

などといったことから、もともと便秘になりやすいものですが、昨今はダイエットで食事量気にしてわざと減らしている人があまりにも多く、さらに便秘になりやすい環境を自分から作り出している人が多いです。

便はかさがなくては出が悪くなります。
食べる量が少なすぎると、便が硬く小さくなり、出にくくなります。


小さく、硬くなった便には悪玉菌が多くなり、大腸の調子に関わったり、さらには体全体の調子にも影響する恐れがあります。

身体は、何かの歯車が外部の悪影響を受けて狂うと、連鎖的に影響を受けて行く傾向にあります。
身体の中の各器官はそれぞれ単独で働いているわけではない、ということです。
ですから、食べる量を不自然に減らすのは良くないです。

★適度な量をまずきちんと食べること。

量を少なく調整するよりは、食べるものに気を付けたほうがよいですね。

カロリーの高い、ごはんやパンなどの量を控えて、食物繊維の多い野菜を多く摂る。
肉や魚を食べたら必ず十分な野菜を摂る。

そのように、食事の十分な量と栄養を摂っていること前提に、きちんと排便のできているのか、できていないのかを考える必要があります。
出すことばかりを優先してはいけません

乳酸菌サプリのような善玉菌サプリを摂っても、それらがスムーズに発酵処理、排出へと移行するだけの食べ物が入ってこなければ、意味がありません。


乳酸菌サプリを摂ってもあまり腸に働きかける実感を感じられない、という方は善玉菌をたくさん受け入れてもそれらが活躍できる条件が整ってないのかもしれませんよ。
乳酸菌サプリをするにしろ、酵素ドリンクをするにしろ、便秘茶をするにしろ、きちんと食べて、排出するものが十分にある、ということが前提で摂り入れるべきです。

ファスティング(断食)ダイエット、デトックスといって、腸の中を空っぽにし、自然に食事量を減らしましょう、という、食事量を極度に制限することが、昨今のダイエットでは流行してきました。
でも、物事には限度というものがあります。
明らかに食べ過ぎ、カロリーの摂り過ぎ、というのであれば、減らさなくてはなりません。
しかしながら、適量であったかもしれない普段の食事までも制限し、食事からの栄養を必要以上に制限してしまうことになったのでは美容全体によくありません。
そのあたりのことを説明せずに、美容食品を軸にしてファスティングを煽る広告は良くないのではと思います。

 

腹筋の弱い女性の腸を「適度に刺激」してくれる「キダチアロエ」のドリンク

ここまで、特に過剰に食事制限しているわけでもなく、「排便がスムーズに行える程度の食事が十分にとれていても、便秘がち。」という方におすすめしたい自然食品がキダチアロエ原液「完熟アロエ純生しぼり」です。


雄大な開聞岳を背景にした、鹿児島県指宿市の広大な農場で天塩をかけ有機栽培された完熟3年物の良質キダチアロエを皮まで使用した100%原液。


累計166万本も売れている人気商品です。

 

便秘になる原因は上にあげたように食事内容の問題から、様々ありますが、女性の場合は
「筋力が弱く」「腹筋が弱い」傾向にあり、それに影響して腸の動きが鈍いことも便秘の原因のひとつです。


キダチアロエは、胃腸を刺激する性質があり、筋力の弱い女性の腸を適度に刺激。便意を促してくれます

乳酸菌サプリや酵素ドリンクといった「善玉菌を豊富に含んで腸に良い」と唱っている商品は、女性の腸にわずかながらも刺激を与えてくれるような成分がありません。
そのため、これらはたしかに腸の健康に良く、長く摂っていて何らかの実感が得られる方もいらっしゃると思いますが、実感を得られなかった、という方も多くいらっしゃる傾向にあります。
乳酸菌サプリや酵素ドリンクなどを試してみて、実感がなかった方は、もうそういったものは手を出さず、少しこつんと腸をノックしてくれるようなものを摂り入れてみてください。

キダチアロエの原液は多少の量で実感を得られるとともに、葉緑素をはじめ各種ビタミン、ミネラルなど30種以上の栄養成分が含まれているため、それらの栄養素は美容健康をサポートしてくれる優秀な「自然食品」です。
多少の量で腸に適度な刺激を与えながら、さらに美容、健康への栄養を与えてくれます
便秘茶のようには手が加えられていない、というのが良いですよね。

実際に使用した方の声を聴いてきましょう。(インスタグラムより。個人の感想です。)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちなみに最近はまっている#完熟アロエまるごと純しぼり 毎日快便 二日酔いにも👍

Tamaki Kyouda(@tamakikyouda)がシェアした投稿 –

 

アロエ原液の使用量に注意。まずは少量から。

キダチアロエは少なくとも江戸時代にはそのたぐいまれな作用から、江戸時代にはすでに民間に薬草として知られていました。
その用途は広く、熱、虫刺され、火傷、健胃、消化不良、下剤などとして使われていたそうです。
昭和44年頃からアロエ栽培が全国的なブームになり、私(40代です)が、私の小学生当時は近所のどの家もキダチアロエの鉢植えがあったものです。(静岡県の田舎出身です)


それにしても昔は田舎は医師が不足していましたから、私の祖父や祖母は今のお年寄りのようにさほど病院に行くようなことはなく、ちょっとした熱やケガをしたときはキダチアロエを薬としてよく使ってました。
私も熱が出ると、祖母が皮をはいだキダチアロエを水枕の代わりにあてがってきたものです。
私の実家では父も母も、亡くなった祖父も祖母も皆、「アロエ」とは言わず、「医者いらず」と言っていました。
それくらい、キダチアロエは昔からすごいもの。と認識されてきました。

「完熟アロエ純生しぼり」はキダチアロエ以外のものを特に加えていない無添加仕様で、まるごとキダチアロエなのですが、キダチアロエ自体が上にあげたように昔から様々な不調に対してあてがわれてきたものだということを踏まえると、かなりの実感力ということ。
量には注意が必要です。
実際には、商品は栄養補助食品であり、キダチアロエの搾り汁のみ。というものなので、特に明確な量の制限はないですが、少なめの量から慎重に慣らしていきましょう。

目いっぱい多くしたとしても1日キャップ1杯程度までに止めておいたほうがよいです。


「完熟アロエまるごと純しぼり」は多くとも1日キャップ1杯程度で済みますし、1本の価格自体、酵素ドリンクほど高くはありません。
便秘・美容、両方をサポートできる自然食品。コスパ秀逸。おすすめです。

腸の健康と、美容のためには

適度な食事量で適切な栄養を確保すること。

そのうえで

便が出にくければアロエドリンクで適度に腸を刺激してきちんと出す。

というようにしたほうが良いですよ。

価格など、詳しい購入条件は「完熟アロエまるごと純しぼり」公式サイトをご確認ください。